全道会員大会開催の御礼

              平成27年度オホーツク二建会 会長 五十嵐 龍

この度は、オホーツク北見にて開催致しました第30回北海道建青会全道会員大会に多くのご来賓にご臨席賜りましたこと、また大勢の会員の皆様にご参加いただき盛会に開催することができましたことに心より御礼を申し上げます。

「未来(次代)に繋げ!」をテーマに掲げ、基調講演では「社会インフラのストック効果」と題して国土交通省 田村大臣官房審議官様にご講演を賜り、子や孫の時代(未来)における北海道の発展と安心安全を守るためにストック効果を発揮するインフラ整備の必要性と、インフラを次代への贈り物として整備し「繋げ」ていくことの重要性を再認識をさせていただきました。

パネルディスカッションでは、「地域再生における交通ネットワークの重要性」と題し、北海道新聞 日浅帯広支社長様、北海道みちネットの会 田中夕貴会長様より、地方創生の観点から観光や生活、医療ための交通ネットワークの重要性が説かれ、地域内の繋がりと、地域と地域を「繋げ」る必要性を考えさせられました。また、建設業の情報発信力を高め、市民と繋がっていくこと「繋げ」ていくこともご指摘いただきました。更に、コーディネートをしていただいた北見工業大学教授 髙橋清先生からは「インフラストラクチャーを後世の人が見たとき、どういう思想で何を作ったのかが評価されていく。その評価は民族の資質を表す。そう考えると本当に重要なインフラ整備を皆さんがやっていることを再確認してほしい。ミッションを、パッションを持ってやっていただきたい。志を、情熱を持ってやっていただきたい。」と建設業界へのエールをいただきました。

記念事業であるファッションショーでは、ご共催とご協力を頂いた北海道ドレスメーカー学院 浅井院長様並びに副院長様にご来北いただき見守っていただきました。また、夏休み返上で作業着をデザインし制作していただいた学生の皆様とそのご指導を頂いた先生、その思いに真剣に応えていただいた全道各地区の会員モデル、皆様のお力で私達の思い描いたとおりの全道会員大会を開催することができました。また、ファッション業界と建設業界を「繋げ」ることにもなりました。制作していただいた作業着は業界のイメージアップのために活用させていただきます。

今全道大会ではオホーツク二建会の会員ひとりひとりが役割を持ち、取り組みました。それぞれの力を持ち寄ったときに、その積算以上の力と感動があることを若い会員にも伝えられたかと「繋げ」られたかと思います。未来のために地域の皆で一丸となって力を発揮して、地域と業界の発展を図って参りたいと存じます。この度は誠にありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です